ブルガリ
スポンサードリンク

2007年04月16日

ブルガリの歴史

ブルガリブランドの創始者「ソティオ・ブルガリ」は、ギリシャのカラリテス地方で生まれました。先祖代々銀細工師を生業とした一族のなかでも、特に才能のあった子供だったというソリティオは、後に父の仕事を継承します。しかし、1876年にバルカン戦争が勃発すると、安全を求めイタリアに移住します。図らずも、古代ローマとギリシャの文化の融合した、ブルガリのスタイルの原型が誕生することになりました。
「BVLGARI」という表記も、古代アルファベットには「J」「U」「W」の3文字が無く、中世まで「J」は「?T」、「U」は「V」と区別されていなかったことに由来し、歴史の重さを感じさせます。
ソティオ・ブルガリは1884 年、チャールズ・ディケンズの小説にちなんで「Old Curiosity Shop(骨董店)」と名づけた店をローマのシスティーナ地方に構えます。ソティオの細工は、同じ形のモチーフを精巧に重ねて壮大な建物に仕上げるというギリシャ建築の手法にヒントを得、精巧の妙を極めていました。カラーバリエーションの華やかさは彼のファッションへの造詣の深さと、抜群のセンスから生まれたものといえます。
ブルガリスタイル20 世紀初頭には、歴史の素晴らしさを受け継ぎながらそれらをモダンなデザインにして蘇らせる、「ブルガリスタイル」が確立されました。ソティリオの息子、コンスタンティノとジョルジョ兄弟は、アール・デコ、アール・ヌーヴォー、ロココといった当時の宝飾界を支配していたフランスの宝飾様式を離れ、ギリシャやローマの古典主義の作品を発表します。ペンダントヘッドなどのモチーフとして多用されるゾディアック(星座)は、ギリシャ神話がそのルーツとなっています。
代表作としては、ギリシャやローマのアンティーク・コインをモダンジュエリーに取り入れたコレクションです。肖像が描かれたコインが宝石のように美しくマウントされたコレクションは、歴史を物語るコインの肖像の魅力と相まって人気を高め、ブルガリを象徴するものとなりました。他には、ゴールドやシルバーの素材をコイル状に巻くという工芸技術を用いたトウボガスラインや、蛇をモチーフにしたスネークリング、括弧をモチーフにしたパレンテシなどがあげられます。
創業120年になるブルガリですが、日本に紹介されたのは1987年。伊藤忠商事によって宝飾のブランド品として紹介されました。妥協のない確かな品質がじわじわと評判になり、現在ではもっとも確かなブランドとして定着、現在ではブルガリグループの年商の26%にあたる2億3800万ユーロを日本市場で稼いでいます。
posted by ブルガリ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3752845

この記事へのトラックバック